『RiP! リミックス宣言』 RiP: A remix manifesto

インターナショナルコンペティションのエントリー作、ブレット・ゲイラー(Brett Gaylor)の『RiP! リミックス宣言』 RiP! A Remix Manifestoの予告編。

内容はガールトークとローレンスレッシグを中心に、コピーライトとコピーレフト、パブリックドメイン、クリエイティブコモンズ、バースデーソングの著作権、ナップスター、メタリカ v.s.チャックD、バロウズ、ウォーホル、ディズニー、ネガティブランドのマークホスラー、カルチャージャミング、カルフォルニア州知事のシュワルツネガー、フェアユース、レディオヘッド、リミックス、マッシュアップ、踊るパリスヒルトン、中国の偽ディズニーランド、ブラジルの元文化大臣ジルベルトジル、バイレファンキのDJマルボロなどなど。著作権と文化の歴史をひもときつつ、今の流れや問題点をひと通り押さえてある様です
http://d.hatena.ne.jp/Moroduub/20090522/p1

A) Youtubeに投稿されていた「吉幾三 VS 色んな人」のマッシュアップ作品をPCで鑑賞する。
B) それをネットの無料サービスでAAC形式に変換する。
C) それをiPodに入れる。
D) そして聞く。
E) 他人に聞かせる。
F) その際、金を取る。

A~Fのどこくらいまでが、著作権的にグレーなのか?
マッシュアップ作品を公表すること自体、本当は駄目なのか?
吉幾三だから駄目なのか?
などなど、さっぱり分からずに、無駄にディジタル技術を食い散らかしているのですが(A~Dまでは実話)、ホントとのところ、どうなの? という人にオススメ。

本ブログもフリーソフトウェアの恩恵を蒙っているし、そういう音楽は嫌いではない(というよりも積極的に好き)なので、興味が沸いています。
作品本編をネットで無料配信したり、リミックス出来るのも面白いです。

本編(英語)
公式サイト
当作品のRemixバージョンの投稿・鑑賞サイト

■参考サイト(日本語)
http://d.hatena.ne.jp/Moroduub/20090522/p1
http://haraita9283.blog98.fc2.com/blog-entry-266.html

コメントをどうぞ

TOP