『生まれたのだから』 Because We Were Born / Puisque nous sommes nés

インターナショナルコンペティションのエントリー作、ジャン=ピエール・デュレ、アンドレア・サンタナ(Jean-Pierre Duret, Andrea Santana)の『生まれたのだから』 Because We Were Born / Puisque nous sommes nésの予告編。

ブラジルのペルナンブーコ州。その郊外に暮らす二人の少年。夜、どこまでも続く道路が交差する場所のガソリンスタンドのかたわらに彼らは腰掛けている。走りゆくトラックやバス、捨てられた食べ物、旅行者たち。そして、貧しさのなかで生きる彼らの姿。しかし、二人には夢があり、その会話は時に哲学的な問いにすら聞こえる。少年たちはたしかに子どもだが、厳しい現実を生きることにおいて一人の人間であり、また、その顔には希望の光が差している。
(YIDFF公式サイト作品解説より)

いわゆる『がんばる子供達!』映画か?

公式サイト(フランス語/ポルトガル語)

コメントをどうぞ

TOP