『私はフォン・ホフレル ヴェルテル変奏曲』 I am Von Höfler (Variation on Werther)

インターナショナルコンペティションのエントリー作、フォルガーチ・ペーテル (Forgács Péter)の『私はフォン・ホフレル ヴェルテル変奏曲』 I am Von Höfler (Variation on Werther) の予告編(抜粋版?)の紹介。

『アンゲロスのフィルム』(YIDFF 2001)のフォルガーチ・ぺーテルの作品。ハンガリーの旧家フォン=ホフレル家の250年にわたる物語を、老人の一人語りからはじまり、写真やホームムービー、手紙、そして祖先がモデルだという『若きヴェルテルの悩み』の映画化とともに描いていく。それら個人的な記憶=アーカイブから浮かびあがるのは、ある一族の歴史であり、歴史に翻弄されるハンガリーという国の軌跡である。
YIDFF公式サイトの作品解説より

これはこれは!
睡眠を十分取って、頭をすっきりさせて、集中力を高めて高めて作品に望まないと、意識がなくなってしまうようなタイプの作品です。
鑑賞の際はがんばりましょう。

作者公式サイト(英語)※サーバの状況でつながりにくいことがあります。

コメントをどうぞ

TOP