『ビラル』 BILAL

アジア千波万波のエントリー作、ソーラヴ・サーランギ (Sourav Sarangi)の『ビラル』 BILAL 予告編。

コルカタの喧騒の中、狭い部屋に弟と盲目の両親と暮らす3歳のビラル。この家と路地、画面から、あふれ出さんばかりのやんちゃぶり。彼は両親の目となり、カメラの目となり、ビラル・ワールドへと誘う。
YIDFF公式サイト作品解説より

まぁなんとビラル君の元気のいいことよ。
子供が意味なく駆け巡ったり、突然わめきだしたり、笑い出したりする怪物らしさが大好きな私としては、ビラル君の暴君ぶり、しかられてもめげないガキっぷりが楽しみであります。

コメントをどうぞ

TOP