YIDFF2009レポ1:はじまりは過激ポップから

水車そばの鳥中華・10月5日(月)

山形入り。みんなに遅れて仕事終わりで夕方山形入りして、打ち合わせに参加しようと思ってame-chuさんに電話したら「もう今日は解散したよ」、あらら今日来た意味ないじゃんということで、手当たり次第呼び出して屋台村→ふくろ→ラフロ、酒飲み打ち合わせ。「2年前は3日前といったら夜なべ覚悟で作業してたようなー、なんだろねこののんびり感」とぶつぶつ。

・10月6日(火)

市民会館入り。館内探検。やることなくてたのしい。お昼は国際ホテルのランチバイキングで優雅に過ごしていたら事務局長から電話「河北新報さんが取材に行くから」、それでも慌てず河北さん待たせて食事やめず。夜は夜で18時には解散したので東根温泉の足湯、天童温泉の水車そば「鳥中華」を堪能。途中masaさんから電話、「ウラギリモノ~」とののしられる。オイテケボリにしたから?でも合流せず帰宅。毎晩町のどこかでドキ山メンバーが飲んだくれている。

・10月7日(水)

朝から市民会館。100円ショップで画用紙や折り紙を買う。することもないので折り鶴を折ってみる。千羽鶴ができるぞーという勢い。奴さんや手裏剣も折ってみる。お昼はモスバーガー、東北限定「比内鳥カツバーガー」旨い。午後からボランティアさんが来てポスター40枚はりまくる。リクエストがあり入場整理や整列させる手順のシュミレーションをやってみる。いつになくやる気満々のボラさんたちにおののく。途中、フォーラムのボラさんで普段は書店員+劇団風構成員だという吉田くんという人が現れ、われらが宮脇フェアのポップを持ってきてくれたといい、見せて頂き一同感動。こんなの初めてみたよ!これは才能だよね!…一同の絶賛の嵐はやまず、気がついたら日が暮れた。さて、やっぱり19時には仕事をやめて、東京からharadaruさんも来て合流したので、夜は七日町で豚耳。台湾料理屋「台湾好吃」で市民会館組+masaさん、どれを食べても美味しいけれど、どれも辛いのでビールがすすみ、なぜか笑いがとまらない。人生であんなに美味しい豚耳を食べたのは初めてで、kikkoさんと共に映画祭期間中再び来店することを誓う。宮脇書店フェアのポップ

コメントをどうぞ

TOP