映像を作り観る子供向けワークショップ 2/6[土]@山形DFL

~さわる、つくる、みる~ 子どもの映画教室
映画の仕組みをアニメーションで学びながら、映像作りまでできてしまうという子供向けのワークショップが山形ドキュメンタリーフィルムライブラリーにて2月6日(土)に行われます。なお完成した作品は、2月11日に同じフィルムライブラリーで行われる「子どもと親の映画上映会」で上映されるそうです。

映画の仕組みの説明というと、年末に家族で訪れた、ジブリ美術館の1階の展示を思い出しました。
静止画の連続を動画として認識してしまえる人間の情報処理能力って面白いと思いましたが、こういう「しくみをりかいして、つくってみよう」講座は、センスオブワンダーいっぱいの子供達にはぴったりなワークショップなのではないでしょうか?

将来子供を映画監督にしたい!(親の夢をかなえるために)、と願う馬鹿親だけでなく、全ての方へオススメしたいワークショップです。
ただし小・中学生20名限定です。それ以上の「大きな子供」はボランティアとして参加ができるとのことですので、映画祭事務局へ問合せ下さい。

日時
2月6日[土]13:00-16:00
会場
山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー(山形ビッグウィング3F)
対象
小・中学生20名 ※保護者の方の見学も可能です。
参加費
300円(DVDとその送料として)
申込み
tel: 023-666-4480(映画祭山形事務局)

コメントをどうぞ

TOP