荒川修作&三鷹天命反転住宅のドキュメンタリー『死なない子供たち』

三鷹天命反転住宅

先日無くなった芸術家・荒川修作と彼が作った三鷹天命反転住宅を被写体にした作品。
監督の山岡信貴は実際に天命反転住宅住宅に住んでおり、そこで育ったお子さん達も登場している模様。

荒川修作については、養老天命反転地や、筒状の竜安寺になっているヤツなどを写真集で知っているだけだったのですが、今年の冬にワークショップで三鷹天命反転住宅へ行き、やっと作品に触れたという感触がありました。

三鷹天命反転住宅の床

凸凹した床とか歩きにくく転ぶ危険性もあり、また、フローリングではないので痛い…。でも、この住宅に住むと死ななくなるそうですよ!
この住宅でどんな営みをしているのかが垣間見れる内容を期待しています。

★公式サイト

コメントをどうぞ

TOP