光、ノスタルジア Nostalgia for the Light

YIDFF2011 インターナショナル・コンペティションエントリー作品、パトリシオ・グスマン (Patricio Guzmán)監督、『光、ノスタルジア』Nostalgia for the Lightの予告編。

フランス、ドイツ、チリ/2010/スペイン語/カラー、モノクロ/35mm/90分
監督:パトリシオ・グスマン Patricio Guzmán

世界中の天文学者が集まる、標高3,000メートルの高地のチリ・アタカマ砂漠。監督パトリシオ・グスマンは幼い頃の天文学への憧れを語りながら天文学の聖地であるアタカマを紹介、さらにここがピノチェト軍事政権下の弾圧の地であることを明らかにする。永遠とも思われるような天文学上の時間と犠牲者の遺骨を捜し求める遺族たちの止まってしまった時間。チリの歴史を描き続けるグスマンの、諦観に満ちた語り口と圧倒的な映像が際立つ。

YIDFF公式サイト作品解説より

監督公式サイト

コメントをどうぞ

TOP